こっそりビンズオン

  • メリアハノイで空港バス待ちしたがなかなか来ない、飛行機に乗り遅れたくない焦りから、grabを呼んでみる。結局これで面白いドライブができた。
  • 120kだが50kのチップを要求された。払わなくても良かったかもしれないが、早さ優先と思い承諾。
  • バスのルートと逆のキンマをひたすら西へ。西湖を西回りしてニャッタン橋を渡るルートだったらしい。テト夜に通った橋だ。なつかしー。
  • 空港近辺の高速はオート専用らしくて、バイクは側道を延々走る。側道と言っても、路面もきれいで、走りやすい道だけど。
  • おばちゃんのバイクはそんなに大きいものではなくて、60kmを出すのが限界。ニャッタン橋以北のような直線の良い道では、自動車に分が出てくるという学びがあった。
  • 結局13時台のどライブは40分で到着。以前逆区間でバス乗ったときは46分かかったから、時短にはなっているが、170kの価値は怪しい。それでもいつも通らない道で風を感じられたのは楽しかった。

 

  • 1か月ぶりの空港も、国内線ではあまりわくわくしない。ドアクローズは定刻に、風筒が半分だけ膨らむきれいな向かい風で東向きの離陸をする。先ほどgrabで通ったQL2とヴォー・グエン・ザップの交差点を右下に見下ろしながら南下路へ。揺れで気持ち悪い。
  • 着陸も東から。川を越えると、眼下に森に囲まれた四角い建物が見える。なんかの宗教団体か?続けて計画都市臭のする建物も。この2つ、あとで衛生写真で見つけて訪問リストに加えよう。
  • 着陸してからグーグルマップを見るとなんと両方共スターがついていた。計画都市臭の方は、国家大学の敷地だ。以前日本語クラブを訪ねようとして不発に終わったから付いてる。でも森に囲まれた宗教団体っぽいと思ったĐền tưởng niệm các Vua Hùngは、絶対に行ったことがない。どうしたんだろうこれ。まさか、全く同じ思考回路で、飛行機から見えた地物を探して自分でスターを付けた?ということは3年前または2年前。なんてこった。一ミリも進歩してないじゃないか。

 

  • 当初空港から乗る予定だった159バスは、BX西部方面しか出ていない。乗りたいのはBX東部行きなのに、スタッフに聞いてもタクシーを使えという。空港で客待ちのタクシーとコミュニケーションするのはしんどい。109のスタッフが、近くの公園まで109で出て8 51 64に乗るといいよと教えてくれた。CV HVTまで出るも、道が混みすぎていて目当てのバスが停車してくれない。乗せてくれないバスは初めてであった。洗礼だ…。親切にバス番号を教えてくれたセオムのおっちゃんに、50kで乗ってけよと言われる始末。grab拾ったら42kだった。妥当な価格提示じゃん。なんかごめんセオム乗らなくて。ハノイじゃセオムはgrabの倍だよ。
  • BX東部! 22歳の誕生日、ぼくは初めてビンズオンに行きたくてこのBXで途方に暮れていたのだ。本当にコミュ力がなかった。誰に聞けばいいのかもわからない。声をかけてくるのはセオムばかりに見えるからコソコソしていたあの頃。広大な高速バスのフィールドのどこを探してもビンズオンに行くバスは見当たらなくて、諦めて帰ろうとした瞬間、裏の路線バスの列に目当ての4番バスがあったのだった。
  • いや、よく考えたら国家大学に行きたかった別のタイミングと混同しているかもしれない。とにかくあのときはベトナム語もわからなかったし、人に聞くほど自己開示をする度量も世界に受け入れられるという自信も持ち合わせていなかった。この点は今もかもしれない。今日だってインターネットで調べた方法でここに来たのであって、誰かとコミュニケーションをとったわけではない。

 

  • 18時半頃着いて、すぐ目の前に4番バスを見つける。今回は30分に一本出ると知っているし、終バスが1930なのも分かっているから、この便はスルーして、安心して建物内で今回のサイゴン初めての飯を食った。コムガーヌオックマム。想像の数倍辛い。水あってよかった。そして高いよ…69k。でももう外に出て店を探すほど元気じゃないんだ。
  • 18:50〜19:30まで、結局ちょっと不安な思いでバスを待った。30分間隔じゃないんかい…。まあ、周りに同じバスを待っているっぽいローカルもいるし。

 

  • 前回は途中で他のバスとぶつかりそうになって運転手同士が殴り合いになりかけたんだったなあ…あの半高速道路みたいな区間はどこだっけ。結局同じようなところは見つからないままトゥァンアンを通ってトゥーザウモットに到着。
  • 薄暗い路地の中にニャーンギー。ニャーンギーに泊まるの初めてじゃないか?
  • 変な絵かかってるけどまあきれいだった。パスポートはホールドされた。

 

  • 明日はどんな客層で成り立っているのかさっぱり想像がつかない日本式アイドルのファンミに潜入してくる。名前覚えなきゃ。

棚卸し頭の中

  • 23時から10時半までしっかり寝る。一日おきに寝不足と寝すぎを繰り返しているようなイメージ。睡眠大事。

 

  • 父の夢を見る。ホテルのチェックアウト時に大量の荷物をカバンに詰めている。とても焦っている場面。その後は自分が車を慎重に、ほとんどクリープ現象だけで運転している。クリープ現象とはいいものだ。なにもしなくても動く。でも車を快調に飛ばすことはとても気持ちが良いことだ。たぶんマリカーの動画を見ていることが影響している。なにか父の残した情報でうまくやることができている。ここでいううまくやるというのは最下位にならないということである。
  • いったい潜在意識では何が起きているんだろうな。一生わかることはないんだろうけど。自分とは予測不可能、コントロール不可能なものだというのはよく知っている。多少気にはなるけど。自分自身も含めて、大体の身近なものは1%も理解をできないまま死んでいくんだろうと思う。それでいいと思えるようになったので、気楽な一方、専門性につながるような好奇心は薄くなったような気がする。

 

  • ディスプレイを見るのがすごいしんどかった頃が、会社員してた時期にあった。目の奥が痛くなったり、胃がきりきりしたり。仕事でディスプレイをいっぱい見ているという点が原因だが、家に帰ってLINEするためにPCではなくスマホを見ている間も同様の拒否感が出たので、おそらくその時は「ディスプレイ」がだめである。
  • 目は消耗品であるという認識がぼくの意識の中にはあって、視力がどんどん低下し続けるとある日ポンッと盲目になるのではないかという危機感を持っている。これはイメージなので実際にそうなるかは知らない。近視の友人には20代半ばで緑内障になった人もいるがおそらく投薬しながら普通に生活している。
  • ぼくは左右の視力がかなり違ういわるるガチャ目で、パソコンは主に悪い方の目で、5メートル以上先は良い方の目で焦点を合わせる。メガネを掛けている間は、良い方の目でほぼすべての需要を賄っている(悪い方の目はメガネを掛けると近くが見えづらくなるため)。
  • 将来盲目になったその日からは、おそらく本も読めないし(もともと死ぬほど本が好きというわけではないのでその障害を乗り越えてまで読む気が起きないだろうと思う)、旅行にも行けないし(景色が見えないのだから当然である)、そのかわり均質な「生活」が続いていくのだと思う。これは別に世の中の視覚障害者がそうだと言っているわけではなくて、「自分が盲目になったらそのような生になる」というイメージを説明しているだけだ。このイメージはかなり自分のディスプレイに向かう態度に影響していると思う。

 

  • 毎週の予定、のうち一つをがっつり開けた。ベトナム語に繋がりそうな自然言語処理の勉強をしつつ、関連する小銭になりそうな仕事をするため。 風穴感がある。変化をもたらさないとどんどん心が死んでいく。
  • ツイッターとか見るのは良くない。完成された世界しか広がっていないので自分は何もする必要がないという感覚にとらわれる。生きていくだけでもかなりいろいろなにかする必要があるのに、何もする必要がないという感覚にとらわれるのはとても危険だ。

休んで休んで休むに限る

  • モチベーションを超えた量を詰め込もうとすると必ず揺り戻しが来る

焦れるくらいの〈薄さ〉で重ねていく。言い換えると、知りたいという欲望を追い越さない。  (根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法 読書猿Classic: between / beyond readers

  • 一方で同じところにとどまっていると段々やる気はなくなってくる

きょうは一ミリもベトナム語をしなかった。この5日間ほどでステージが動いた感じがある。

ビザ更新に合わせた意思決定で、ある程度短期目標の整理について考える機会があった。考えただけで、やっていることは現状維持なのであるが、時間配分は動かしていかなくちゃいけないだろう。

 

直木賞を取ったらしい『宝島』を読んでいる。

フィクションを読む。やる気が無いときはフィクションがいいと誰かが言っていた。少しでも哲学みのあるものは避けている。

弱いので。

 

思考はまだ全然動かない。最近思考というものをしていないのではなかろうか。

焦燥感がないだけでよしとする。

今後、一生、思考というものをしないのではなかろうか。

焦燥感がないだけでよしとする。

 

このアウトプットを作った。

出発前日に日本からベトジェットのコールセンターに掛けて予約内容を変更する

【要約】

  • ベトジェットのウェブサイトで直接予約したチケットの変更は、ウェブサイトで対応不可能な場合(Bagの増量など)は、ベトナムにあるコールセンターでの対応になる(日本代理店では対応できない)。
  • 変更は3時間前まで。
  • ベトジェットのコールセンター+84 1900 1886は、びっくりするほど繋がりにくい時間帯があるが、国際電話かSkypeクレジットで普通に掛けることができ、多少英語ができれば根気よく対応してくれる。
  • 自動放送は「英語は2を押して」「予約関係は1を押して」の順で、放送中にも次に進める。ただそこまで行ってから「忙しいのでまたかけてね!」になるパターンもあり。
  • 本人情報の確認後、変更したい内容を伝えると、「パスポートの写真を添付して、その他予約情報を含めてメールをくれ」と言われるので、19001886あっとvietjetair.comにメールを送り、自動返信メールを受け取る。
  • 再びコールセンターにかけると、内容の復唱、確認のあと、「変更は完了しました」と言われ、支払い方法の説明に入る。
  • ウェブにログインすると、クレジットカードで差額の支払いができる。

 

【記録】

ベトジェット国際線(NRT→HAN)で、預け荷物20kgを予約していたが、ベトナム人から/への頼まれもの・届けものが肥大しすぎて、20kgを超えてしまった。

カウンターで超過重量のチャージは高すぎるので、変更したい。

 

そもそも20kgを買ったときもウェブサイトだったわけだから、変更もできるだろうと思ってログインすると、

「bagを重複購入はできないよ!」というアラートが出てお手上げ。

 

じゃあ日本代理店に電話するか~と、ウェブサイトに載っている大阪の番号にTELした。

ところがここでも

「あくまで代理店なんで、ウェブで直接本社から買ったのは変更できないんです」

との案内。

 

ちなみに代理店の人はわかる範囲でなら親切に教えてくれる。「預け荷物が複数に分かれても、合計の重さで注文したらいいですか?」と以前に電話したことがあったが、その時の案内も感じ良かった。ちな回答は「可」。

 

一応、「変更自体はできる」(一度買ったらそれきりというルールではない)ということだけ確認させてもらって電話を切る。

ウェブで「変更は3時間前まで」ということも聞いてあるので、

今が金曜の16時、フライトが明日の9時半だから十分間に合う。

 

これからが問題。

コールセンター自体は+84 19001886と公式ウェブにもでっかく出てるので、

Skypeのチャージを使って掛けてみる。→繋がらない。

即切れたり、呼び出して切れたり、「接続むりぽ」(大意)というアナウンスが流れたりするが、要するに繋がらない。

ドコモケータイの国際電話でもつながらない。

 

結果的には番号は合ってたわけだが、ここで「もしかしてフリーダイヤルで海外から不可パターンか?」と深読みをし、

検索で裏番号を探す旅へ。

それらしきものをいくつか発見し片っ端からかけるが、やはり繋がらない。

 

一旦、諦めた! コートのポッケとかに重い物詰め込んで、なんとかしよう。

 

買い物に行ってから成田ビューホテル帰投。

時刻は金曜の20:30。

いろいろ買い物して、やっぱりポッケ作戦じゃ無理な気がするので、

再び+84 19001886にコール開始(ちな24H。テト前なのにすまんな)。

 

ここで! 「稀に」つながる。状況が展開したぞ。

まず「英語は2を押せ」というアナウンスが流れ、

その後「予約関係は1を押せ」というアナウンスが流れる。

ところが何度も自動音声がウェブサイトに誘導してくる。

「ウェブサイトが便利だよ!待つなら1を押してね!」×3

よほど対応したくないと見える。

ちなみに三度「1」を押すと、「忙しいんだ、またかけてね!」と言って電話が切れる。

 

f:id:null_min:20190201215620p:plain

繋がったり繋がらなかったりする



こっちもキレそう(仏)。

 

でも8回ぐらいかけたら繋がった!

予約番号と名前で本人確認。 

なんかリスニング能力が足りなくて要領を得ないが、

「電話だけで変更は無理。メールくれ。予約番号をタイトルに含め、パスポート写真を添付してほしい。そんで自動返信メールにかいてある受付番号を再度電話で教えてくれ」 

ということを言っているみたいだ。

これ知ってる! ターキッシュエアラインズでもあったパターンだ!(あのときは日本語で対応してくれたが)

しかし5回ぐらい同じことを説明させてしまった。テト前なのにすまんな。

理解が遅れた原因は、登録済み電話番号の有効性を確認されたような気がしたので、先方からコールバックがあると勘違いしてしまったが、

実際はこちらから再度電話しなければいけない(そのほうがまだ安心。電話が来ないパターンを回避できるので)。

 

てわけでメール。タイトルに予約番号・本文に氏名・パスポート写真の添付、

さらに変更リクエストの内容と本人確認に必要そうな個人情報を全部並べて、

ダメ押しでWeb搭乗券の引用もまるまるつけて、19001886あっとvietjetair.comに送信。

すぐ自動返信帰ってきたので、再び例のコールセンターに電話だ。

こんどは2回で繋がった。運ある。

 

違う人が出た。再び予約番号、氏名、続けて今回は区間と日付も聞かれた。

自動返信メールの受付番号は聞かれなかった。多分向こうでメール検索してる。

 

ほいで何度も予約内容と変更内容の確認が続いているのを

「はい、はい、あってます、キャンセルはできないんですね、わかってますよ」とやっていたら、

ホテルのWifiがやや弱くなり、2割ぐらいしか聞き取れない状態に。

 あっこれ知ってる! ベトナム語でMáy lạo xạo(機械がガサガサ)だ! とか喜んでたらいつまでも治らない。

「変更はすでに完了しました」と言われたのをどうにか聞き取ったあたりで、電話が切れた。

おそらく支払い方法の説明をされていたが……なんかよくわからんままだ。

 

変更メールとか何も来てないので

変更が本当に完了してるのか、あらためてウェブサイトにログインしてみたところ、

ちゃんと25kgに変更されており、「支払いの追加」という絶妙に正しい日本語のボタンが増えている。

それを押したら差額の3ドル、ちゃんとクレジットカードで払えた。

 

電話代については、ベトジェットには繋がったが担当者までたどり着けなかった通話にもチャージされているので、

あとで明細を見たら、3ドル払うために410円の通話料を払った計算になる。それでもチェックイン時の購入に比べれば断然安い。

 

なんか一周回って楽しかった。都合2時間ぐらいかかった。時間があるときしか無理。

変化し続けることを習って変化したこと

そして瞑想コースを終え、なか卯のカツ丼がただの淡白な味のない硬い肉にしか思えないという境地まで至って帰ってきた。

親との確執は取り払おうと思った。そう自分で決めればそれでいいんだからね。

他の瞑想者をみてると自分は寒さに意外と強いっぽい。

その気になったら毎日の進みを思い出して書こう。

 

ともかく、この春は旅行に気持ちが乗っていなかったが、瞑想を通じて気が変わって既訪海外に行く気になった。少しやりたいことができた。

それだけでなく、それが渇望に留まらないためにはどうしたらいいかも考えられた。

 

さて、ネカフェで仮眠してインド人に連絡を取った。

theインド人は英語ができるがtheベトナム人は英語が出来ないので億劫でまだメッセを送ってない。明日朝一で処理する。

 

成田空港で親に電話。

成田から関空へ。

西成を卒論後初めて訪問。

馴染みの居酒屋に挨拶。気にかけている人は相変わらず不健康な生活をしているらしく寝ていてだめだった。

 

道中ブッシュマンとして生きる―原野で考えることばと身体 (中公新書)を読んでいた。

一事例いち事例を自分の言葉で分析し直してみるのがとてもよい。

 

瞑想してから寝てみよう。

今晩は付き合いで酒を飲むつもりだったのに、偶然そうならなかったのは、とても運がいいとも考えられる。

千葉

この月末めっちゃクレカに頼り切って生きてる。

 

昨日は一日寝ててほんとクズのひとつのマイルストーン達成って感じだな。

旅立つために洗濯だけは不可避だったからあーもーって感じで夜間に機をブン回すシェアハウス。

春秋5キロまでしか積めないから服と寝袋のみ。

 

で、キャッシュがなくてほんとクレカで生きてる。

どれくらいかというとクレカの使えるJR(たかい)に乗るくらい。

金ないと節約側の選択肢すら限られてくるという卒論そのままちゅん。

 

で、シンカンセン激ヘイトだから関空から成田までフライアウェイなんだけど、持って5キロかわかるわけないでしょスプリングジャパン。

マレーシアかどっかで、使われてないチェックインカウンターの重量計勝手に使ってる人見かけて納得ーーーー!って感じだったのを思い出して実践してしまったわ。わざわざ国際線フロアまで上がって。5キロ大丈夫でした。

まあ寒いのをいいことに4枚重ね着して、かつコートのでっかいポケットの中に本とか傘とか超詰めてるんだけどね。大学生って感じだ。

 

でクソ寝て超成田、千葉市内の超建設業カプセル泊(ソープ街に立地あるある)。

焼酎飲みたすぎて一人塚田農場してしまったわ。

明日から完全菜食生活なのに酒欲捨てられてない。

2杯で過ホロホロになるから酒弱なったかも。

 

じゃあつらいやつ(リピーターになってしまった)やってきます。またね。

春休みの後半に向けて

春休みのど真ん中に瞑想コースを入れた。

春休み前半はだらだらしたが、さすがにもうだらだらするのは十分なので、後半はいくつか整頓をすることにしようか。

 

本はもういいので捨てる。

さっさと家財を実家に送り返すことだな。

 

今まで書いたものを参照可能な形に編集し直し、

今後生産した情報を整理できるようなルーチンを明示的に作る。

人間の推論規則について。